松山さかのうえ日本語学校の目指すもの

世界を見つめ、社会を動かす

 度重なる外国人犯罪、失踪、不法滞在、強制送還...これらの問題の根源はどこなのかと考えたとき、真っ先に浮かんだことは「その方々に、悩みを相談できる人、駆け込み寺のような場所はあったのかな」ということでした。
 いろいろなネガティブなニュースが並ぶ中で、事前に悩みを聞いてくれる人がいたら、その事件は起きなかったかもしれない。日常的に応援してくれる誰かが身近にいれば、信頼できる誰かがいれば...と、ふと考えてしまいます。


 私は長い間東京で外国人支援を行ってまいりました。お仕事、ご結婚、留学、ワーキングホリデー、難民として...など、様々な理由で今も多くの外国人の方が日本に住んでおられます。私はいかなる理由であれ、今住んでいるこの日本を好きになって欲しい。いつか母国へ帰り、思い出す日本はとても素敵な国であって欲しい。楽しい思い出であふれてほしい。と思いながら、支援を行ってきました。

 この度、ふるさと愛媛に帰り、外国人の方々とお会いする中で、愛媛にはまだ十分なサポート体制が無いことに気づき、立ち上げを決意しました。手探り状態ではありますが、どんなときも寄り添うこと、応援すること、困ったときの駆け込み寺になることを目指します。

 外国人を雇用しているものの、うまくコミュニケーションがとれない、文化や慣習の違いでストレスを抱えている企業様のお声も多く頂戴しております。そんな企業様にとっての駆け込み寺でもありたいと思っています。


特定非営利活動法人松山さかのうえ日本語学校 代表 山瀬麻里絵


ビジョン      外国人が尊厳を保ち続けられる社会

       ミッション     外国人が活躍できる場所をつくり続けること


Member of driving society

アドバイザー
山神 進

立命館アジア太平洋大学教授。専門は国際政治、外国人労働者・難民問題。初めてビールを飲んだ感想は「大人ってずるいな。」

監事
チャン・スイン

韓国出身。金融・人材・IT業界を経て、社会起業家として活動。将来の目標は外国人が日本社会でもっと活躍できるエコシステムを作ること。

会計
大原 愛実

銀行営業・開発コンサルタントを経て、着物関係会社の経理総務に従事。冷静な判断力を持ち、団体の暴走を止める。将来の夢は伝説のサルサダンサー。

広報
永井 さあこ

子ども向け英語講師・WEBライター、そして二児の母。その包容力から愛称は最寄りのブッダ。好きな食べ物は、カニ味噌に日本酒入れたやつ。

理事
福井 麻里子

日本と海外を拠点に、グローバルブランド戦略コンサルタントとして、ブランディング、グローバルPR、人材教育などの分野で活動。子どもの頃の夢は古墳研究者。


 私達がビジョンに掲げた「外国人が尊厳を保ち続けられる社会」は、単に外国人支援をという言葉は何か違和感があるよね…という議論から生まれた経緯があります。

 いきいきと日本で暮らしてほしい!日本のことを好きなまま、あるいはもっと好きになって帰国日を迎えてほしい!という私たちの思いの中には、これまで出会ってきた外国人の皆さんの中に「尊厳」を失っている方々もいらっしゃったためです。困窮している方に安易に食糧をお渡しするということが、本当に私たちのやりたいことなのか。自尊心を傷つけず、上下の関係も作ることなく、日本時間を充実できるように私たちができることは何だろう。
 
 たどり着いた答えは、ミッションに掲げた「外国人が活躍できる場所をつくること」でした。その最たる例が現在行っている国際子ども食堂事業です。国際子ども食堂では、松山在住の外国人が母国のお料理を地域の子どもたちに毎週振舞ってくれています。子どもたちは知らず知らずのうちに、国際感覚を養い、毎週いろんな国の料理をいろんな言葉が交わされる現場で食べて、大きく成長しています。
 その姿を見ている外国人のシェフのみなさんのお顔は晴れ晴れとしています。その空間には上下の関係はありません。ごはんを作ってくれたシェフに子どもたちはお礼を伝えに行きますが、自然とシェフも子どもたちにお礼の言葉が出てくるこの場所こそが、外国人の皆さんの活躍の場所だと思っています。

 このような活躍の場所を松山だけではなく、日本中に作りたいと考えています。国際子ども食堂に加え、新しい種類の活躍の場所をつくり続け、ビジョンの達成を目指します。