新着情報

 

本日はガボン共和国出身の留学生がピーナッツバターシチューを作ってくれました!
ガボンの場所も、使っている言葉も…さらには「初めて聞いた国の名前!」という学生も。

みんなでおなかいっぱいいただきました!
「また作りたいです!」と言ってくれたシェフにも感謝でいっぱいです。

本当においしいごはんをごちそうさまでした!

来週は韓国料理を予定しています。

本日も無事に国際子ども食堂を開催できました。今回はインドネシアの留学生がおいしい料理を
作ってくれました!各メディアで大きく取り上げていただいたこともあり、多くの方にご来場いただき、テイクアウトで対応もしましたが、早い段階で売り切れになるほどでした。

今回は初めての日本料理!
松山市の有名店「Japanese Dinning にの」さんの二宮さんが、調理を担当してくださいました。

野菜の切り方や、盛り付けの方法まで勉強させていただきました。
今後も日本食担当として、和食のおいしさや料理の楽しさを教えていただけたらと思います。

子どもたちも、調理や配膳のお手伝いを積極的にしてくれるようになりました。

また、昨日から「赤ちゃん食堂」も同時に始めました。(写真右下)
高校生が初めて離乳食を作り、食べさせて、ミルクも…という一連の流れをみんなで経験し、
いろいろなことを感じ、学ぶ場にもなったと思います。

コロナ禍での育児は想像を絶するご苦労があることと思います。
当食堂は、離乳食やミルクも常備してありますので、お気軽にご利用いただけますと幸いです。

...

5月15日に東日本(写真右)で 、5月13日に西日本(写真左)で、ご掲載をいただきました。
関東版ではなんと一面カラーでの掲載でした。本当にありがとうございます。

この活動は私たち単独で開催できるものではなく、ご協力いただいている留学生やご支援頂いている皆さま、そして毎週ごはんを遊びに来てくれる子どもたちがそろって初めて成り立つ活動です。
あらためまして、皆さま本当にありがとうございます。

今回は初のプロのシェフがお越しくださり、見事な手さばきと段取りでたくさんのおいしいネパール料理を作ってくださいました。大人も子どももおいしく食べられて、おかわりが連発するほどでした。本当にありがとうございました!



ご協力のお願い

仲間を探しています!